第57回入賞作品 中学校の部
佳作

塩害対策を目指したファイトレメディエーションの研究 Part5

佳作

茨城県牛久市立牛久第一中学校 科学部1年・3年
倉金 秀明・石渡 優作・糸川 晃太・大橋 優翔・奥村 勇介・加藤 響・ 榊原 嵩平・諏訪 絢・恒吉 夏季・藤代 真暉・三好 正晃・足立 芳希・ 大橋 拓真・岡田 樹・小野寺 由芽・小松澤 健太・関野 咲希・ 對馬 慧・西山 昇吾・平野 翔史弥・深山 直浩・細田 紅葉・渡辺 颯太
  • 茨城県牛久市立牛久第一中学校 科学部1年・3年
    倉金 秀明・石渡 優作・糸川 晃太・大橋 優翔・奥村 勇介・加藤 響・ 榊原 嵩平・諏訪 絢・恒吉 夏季・藤代 真暉・三好 正晃・足立 芳希・ 大橋 拓真・岡田 樹・小野寺 由芽・小松澤 健太・関野 咲希・ 對馬 慧・西山 昇吾・平野 翔史弥・深山 直浩・細田 紅葉・渡辺 颯太
  • 第57回入賞作品
    中学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、大津波の影響で、太平洋沿岸地帯の広範囲に多大な被害が生じた。特に東北沿岸では、土壌に多量の塩分が含まれてしまい、農業に大きな影響が生じ深刻である。地震大国である日本にとって、津波による塩害の被害は考えなくてはならない課題だととらえる。日本だけでなく、世界でも、塩はかんがい地の1/5を劣化させており、年間約273億ドルの経済損失を引きおこしているというデータもある。この状況を受け、本校科学部では4年にわたり、ファイトレメディエーションについて研究を行ってきた。

結論と感想

 種から植物を発芽させて塩耐性を調べたところ、成長の様子からトマトとグラパラリーフで強い耐性がみられた。また、この2つの植物では塩の吸収も大きくみられ、塩害対策に有効であると考えられる。またトマトやオクラでは、実がなると植物本体よりも実に塩をたくわえる傾向があることがわかった。特にトマトでは吸収された塩の全てが実にたくわえられた。牛久市ではアブラナの油をバイオディーゼルとして利用する取り組みが行われている。塩を吸収したアブラナでもエネルギーとして利用できるのか調べていきたいと思う。


ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

水質の変化する要因

文部大臣奨励賞
茨城県稲敷郡茎崎町立茎崎中学校
木村 健 他8名さん

牛久沼環境保全への提言2

文部科学大臣奨励賞
茨城県牛久市立牛久第三中学校
野島 智也さん

1日の中で、青から赤に変わるオーシャンブルーの研究 ...

佳作
愛知県刈谷市立小垣江小学校
平野 綾菜 他3名さん

大根のおろし汁で紙は白く強くなるか

オリンパス特別賞
愛知県刈谷市立東刈谷小学校
渡邉 昂暉 他3名さん
  • 入賞式の様子
  • 自由研究のヒント
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第57回自然科学観察コンクール作品募集
2016年10月31日応募締切