第57回入賞作品 小学校の部
佳作

10円玉が側面で立つ確率の研究

佳作

東京都世田谷区立池尻小学校5年
安井 菊利
  • 東京都世田谷区立池尻小学校5年
    安井 菊利
  • 第57回入賞作品
    小学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 ある日、ぼくはサイコロをふるように10円玉をふって遊んでいた。すると、父から10円玉の出る目は表と裏の2種類ではなく、じつは側面も含めて3種類であることを聞いた。実際、水平な机の上などでは側面を使って10円玉を立たせることができる。そこで、ぼくは10円玉をふって側面の出る確率を研究することにした。

結論と感想

 実験前は、10円玉の側面で立つ確率は予想がつかなかった。しかし、表面積の違う数種類の直方体の消しゴムを使い、それぞれの消しゴムが立つ確率をグラフにすることによって、その関係を明らかにした。10円玉は1万回ふって約4度、側面で立つという予想をたてることができた。ますます確率の研究が面白いと思った。


ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ
  • 入賞式の様子
  • 自由研究のヒント
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第57回自然科学観察コンクール作品募集
2016年10月31日応募締切