第47回入賞作品 小学校の部
佳作

クロアゲハの幼虫はどうやって大きくなるのかな?

佳作

茨城県常総市立豊岡小学校3年
中林 佳夏子
  • 茨城県常総市立豊岡小学校3年
    中林 佳夏子
  • 第47回入賞作品
    小学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

理科でチョウが大きくなる様子を勉強しました。びっくりしたことは、チョウの仲間の育ち方が体の形を大きく変えることでした。と中でさなぎになったり、大人になるとよう虫の時とは全ぜんちがう体の形になります。また、はじめは虫めがねで見るほど小さなよう虫が葉を一生けん命食べて、3cmぐらいまでどんどん大きくなるのも、とてもおどろきました。そこで、わたしは家にあるゆずの木にくるクロアゲハのたまごを見つけて自分で世話をしながら、せい長の様子をくわしく観察して、どうやって大きくなるのかを調べてみることにしました。

研究の方法・結果・考察

体の大きさ調べ

毎日夜によう虫の頭の先からおしりの先まで定ぎで長さをはかって記録し、デジタルカメラで写真をとった。

食べる葉の量調べ

毎日夜によう虫が食べる葉を交かんした。どれくらい葉を食べたかを1mmほうがん紙の四角何こ分かで表した。四角全部にならない時は2つ分で1つとして計算した。

ふんの様子

毎日葉を取りかえるときチョウの部屋のそうじをした。その時にかた付けたフンを時々取っておいた。フンをボンドで固めて標本にした。だっ皮した時によう虫が食べてしまう前に頭のからを取り、それもいっしょに標本にした。

よう虫の歩く様子

イチゴパックのよう器の中のよう虫の体の様子や歩いた後を虫めがねでよく観察し、写真をとった。

結果

1)よう虫の体は、生まれてから13日ぐらいはゆっくり大きくなって、その後さなぎになるまでの13日間に急げきに大きくなった。だっ皮前に少し小さくなった。2)20日ぐらいから食べる量が急に多くなり、だっ皮の前後にはあまり食べないことがわかった。3)よう虫が大きくなると、ふんやぬけがらも大きくなり、さなぎになる直前と成虫になったばかりは、げりのようなふんをすることがわかった。4)よう虫は糸をはきながら歩くこと、16本の足を使いさなぎになるためにこの糸を上手に利用していることがわかった。

よう虫の食べた葉の量
よう虫の足は16本

ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

究極の200回続くカチカチ振り子を作るぞ

佳作
島根県江津市立津宮小学校
石橋 翼さん

水が生み出す真実のパワー -蒸発した水で車は動くの...

秋山仁特別賞
茨城県稲敷市立新利根中学校
飯田 雄大 他3名さん

東中の鳴龍の不思議に迫る

佳作
茨城県稲敷市立東中学校理科研究生鳴龍班
黒田 美緑・太田 愛莉さん

めざせ!最強の空気砲パートⅤ -二つ穴空気砲コン...

継続研究奨励賞
茨城県つくば市立並木中学校
服部 篤彦さん
  • 入賞式の様子
  • 自由研究のヒント
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第58回自然科学観察コンクール作品募集
2016年10月31日応募締切