第47回入賞作品 小学校の部
佳作

木の年輪で方角がわかるか─ 正しいか

佳作

長野県佐久市立泉小学校5年
臼田 岳大
  • 長野県佐久市立泉小学校5年
    臼田 岳大
  • 第47回入賞作品
    小学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

去年の6月、湯の丸キャンプ場で切りかぶの年輪が浅間山(東)に広がっているのを見つけ、僕はぎ問に思った。前に読んだ本には『日当たりの良い南の方がよく育つから年輪の広くなっている方が南』と書いてあった。4年のときの調査で、ぼくとしてはこれがまったくあてにならないと分かったけれど、今年はもっとデータをふやして大勢の人に「なるほど」と思ってもらいたかった。また、何が年輪のかたよりにえいきょうしているのかをもっと正確に調べてみたいと思った。

研究の方法・結果・考察

観察

切りかぶの形が円に近く年輪もはっきり出ているので、カラマツを中心に調べた。1)年輪の中心にコンパスの針を当てて広がりの方向を調べた。とうめいな板に中心の同じ円をたくさん書いて切りかぶに当てて木の幹の中心をわり出し、年輪の中心とのズレを測った。2)観察日・木の種類・地形・周囲の木のようす・年輪の数・太さ・幹の中心と年輪の中心の間のきょり・年輪の広くなっている方角・気付いたことを記録した。3)場所と調査数 大沢財産区:ヒノキ2本・カラマツ8本、佐久穂町八千穂高原:ナラ9本・カシワ1本、湯原:カラマツ20本

結果・考察

(1)40本のうち南に年輪が広がっていたのは1本だった。カラマツは北から東にかけて広がるけい向が強かった。(2)年輪のはばの広がり方に強いえいきょうをあたえる原因と考えられるのは、土地のけい斜、平均的な風向き、近くに木があるかないかなどがあげられる。(3)木は外からの力(地面のけいしゃや風など)に逆らって自分を垂直に保とうとして年輪の幅を広げて太らせるのではないか。針葉樹では地面のけい斜に対して下側が広く、平均的な風向きに対して風下側が広いけい向がはっきり見られた。広葉樹では、幹を垂直に保つために年輪をかたよらせる方法が全く逆であることが分かった。

結論

『木の年輪は日当たりの良い南の方に広くなる』とは言えない。

年輪の中心と幹の中心のズレの計測
方角の計測


ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

「もしも-し!」 -糸電話 音の伝わり方の秘密- ...

佳作
岐阜県池田町立八幡小学校
林 誉将さん

水の音って何の音?Part2 水滴が作る泡と音を科学す...

1等賞
島根県出雲市立河南中学校
田原 弘規さん

砂漠にできる波状模様の研究

佳作
千葉県千葉市立新宿中学校
石野 真奈美さん

海のプランクトンの研究-いりこから海へ-

佳作
山口県防府市立華陽中学校 理科部
植田孔明・田中良志郎さん
  • 入賞式の様子
  • 自由研究のヒント
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第58回自然科学観察コンクール作品募集