大田区立南六郷中学校

2010年
取材

オリジナリティーあふれる研究をコツコツと

 第50回自然科学観察コンクールで佳作(中学校の部)に輝いた力作が宇宙科学部の作品だ。顧問の小森信男先生は指導奨励賞を受賞、小森先生はこれがシゼコンへの初めての応募である。「岩石の風化変質実験」の継続研究にかける熱い思い、授業でのさまざまな工夫などについて語っていただいた。

宇宙科学部のホームグラウンドは理科室

 夜空に輝く赤い星、火星。私たちは「火星はなぜ赤いのか?」と考えてみたことがあるだろうか。このテーマに毎日コツコツと取り組んでいる中学生たちが東京・大田区にいる。
  運動部の歓声がグラウンドに響き渡る放課後、南六郷中学校の第二理科室では宇宙科学部のメンバーが真剣な面持ちで研究の真っ最中。佳作を受賞した『紫外線と水によるカンラン石・炭素・金属の変化』はこの部屋から誕生した。

少数精鋭でレベルの高い研究を

 宇宙科学部の部活は月曜から金曜までの毎日。夏休みもほぼ休みなく理科室に通うという。
  「運動部並みにハードですよね。研究が好きで、根気がなければ続けられません。従って本当に少数精鋭です。一学年200 人のうち、1 ~ 2 人が関心を持って入部してくれればいいと思っています」。顧問の小森信男先生はこう話す。
  昨年の部員数は3人。今年は新入部員が3人入部して5人になった。研究テーマは一貫して「火星の岩石はなぜ赤いのか」。それを明らかにするために岩石の風化実験を続けている。日々の活動の基本は実験試料と精製水を入れた試験管に紫外線を照射し、その変化を毎日、観察・測定すること。週に一度は近くにある六郷工科高校へ足を運び、電子天秤を使って、より精密な重量測定を行っている。


理科準備室には部員が手作りした実験装置が並んでいる。試験管に精製水と鉄板などを入れ、紫外線を照射することが実験の基本だ

 

理科準備室には部員が手作りした実験装置が並んでいる。試験管に精製水と鉄板などを入れ、紫外線を照射することが実験の基本だ

理科準備室には部員が手作りした
実験装置が並んでいる。
試験管に精製水と鉄板などを入れ、
紫外線を照射することが実験の基本だ

実験装置も工夫して手作り

 実験に必要な装置は自分たちの手でゼロから作り上げる。薄手のアルミニウム板、ガムテープ、粘土など身のまわりにある素材を駆使して装置を組み立てているのは、部長でもある髙橋尚人君(3年生) だ。
 「大人は複雑に考えがちですが、彼はいとも簡単に必要な装置を作ってくれます。まさにスペシャリストです。興味あることを継続してデータを積み重ねていけば中学生でも科学者と同等の研究ができるよ、と部員にはいつも話しているんです」

コンクールへの応募を励みに

 小森先生は自由研究の大切さについても熱く語る。 「自由研究は理科そのものです。自然を調べて法則性を発見し、それを人間生活に役立てることが理科の役割だよ、と授業でも常に言っております。自分の興味があることを楽しみながら調べてもらいたいですね」
 4月の最初の理科の授業で、夏休みには宿題として自由研究があること、優れた作品はコンクールに応募することを伝える。昨年度は学年全体の8割ほどが提出、その中から約3分の1にあたる57作品を選んでシゼコンに応募した。
 「理科コンクールへの応募はとても重要だと考えています。発表の場があることで生徒に自信がつくし、またモチベーションにもなるからです。宇宙科学部が佳作をいただき、全校朝礼で表彰されたことで頑張りがわかってもらえたし、立派な副賞も励みになりました」

ノートに励ましのコメントを

  1.  授業で大切にしていることは「ノートを通した生徒とのコミュニケーション」だ。毎回、クラス全員にノートを提出させ、そこに短いメッセージを書いて次の授業で返却している。今年度は1年生の理科を担当しているので、約200人分のノートを常に見ることになる。
     「『かなりgood』というコメントと二重丸など、できるだけ励ますような内容を一人一人に書くようにしています。お互いに信頼関係が築けるし、生徒がよりやる気になってきたように思います。ノートを返却すると、みんなパッと開いてコメントを見てくれますね」
     1年生は黒板を写すだけの生徒が多いが、3年生になると自分なりに工夫していろいろな角度から考察する力をつけてくる生徒が増えるそうだ。
  週に一度、発行している「理科通信」。提出されたノートをスキャンして載せている

週に一度、発行している「理科通信」。
提出されたノートをスキャンして
載せている

「自主学習ノート」と「理科通信」

 授業ノート以外にも「自主学習ノート」を併用、1~2年生には教科書の要点を自分なりにまとめること、3年生には問題集を自分のペースで解いてポイントをまとめるように指導する。この自主学習ノートも定期的に提出させ、励ましのコメントを記入している。
  授業ノート、自主学習ノートとも、上手にまとめてあるものはスキャンして、週に一度発行する「理科通信」( A4、4ページ) に掲載する。このように理科通信には、生徒の活躍や努力した点をできるだけ載せている。また勉強法のアドバイスや最新の科学ニュース、科学者の伝記等を、学習状況に応じて掲載している。これらは長年の経験から編み出された「やる気と学力を高める工夫」なのだ。

教師も自分の研究テーマを持とう

 宇宙科学部の「岩石の風化」というテーマは小森先生自身のライフワークでもある。硬い岩石も刺激を与えられることでバラバラになる……。大学院のころ、岩石の風化変質実験を目の当たりにした時の感動が今もずっと続いている。
  「前任の品川区立八潮中学校では、天文地学部で酸性雨が岩石に与える影響を調べていました。ある時、塩酸を石にかけたら鮮やかな褐色に変わった。これは火星の岩石にそっくりだと思ったことが、岩石と天体を結び付けるきっかけになり、今の研究に至っています」
  理科教師も自分が好きなこと、興味あることをもっと研究するべきだ、と小森先生は考える。
 「授業を工夫することはもちろんですが、自分なりの研究テーマを深めていくことによって自然科学の本質を生徒に力強く伝えられると思うからです」

世界に誇る「ものづくりの街」で

 ここ六郷地区は伝統的に「ものづくり」の気質がある、と小森先生。「このエリアには世界的に注目される、独自の技術を持った工場が数多くあります。宇宙科学部もわずか5人の小さな部ですが、他にはないオリジナリティーあふれる研究を行っています。そこに共通性を感じています」
  天空の彼方、火星の謎を解き明かす仮説がこの第二理科室から生まれるかもしれない。今日も小さなスペシャリストたちと一緒に小森先生は研究を続けている。毎日コツコツと継続することがやがて大きな力になることを信じて。

学校プロフィール

学校プロフィール

大田区立南六郷中学校
ホームページ
〒144-0045 東京都大田区南六郷3 - 2 - 1
電話 03-3732-9351
児童数=607人 1・2年= 6クラス、3年= 5クラス
小森信男

小森信男先生(53 歳)
進路指導主幹
理科担当(1年生)
宇宙科学部顧問

東京都区部の湾岸南端に位置する大田区は、羽田空港を擁し、また「ものづくりの街」としても注目されている。南六郷中学校は大 田区の中でも有数の大規模校である。

学校取材レポート
学校取材レポート
東京都
決 定

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ
  • 入賞式の様子
  • 自由研究のヒント
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第58回自然科学観察コンクール作品募集
2016年10月31日応募締切