第57回入賞作品 中学校の部
佳作

ひまわりのフィボナッチと黄金比を検証する

佳作

茨城県石岡市立国府中学校2年
小松﨑 賀子
  • 茨城県石岡市立国府中学校2年
    小松﨑 賀子
  • 第57回入賞作品
    中学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 ひまわりをデッサンしていたら一枚一枚の葉が重ならないように付いているのに気付いた。そこで規則性があるのではないかと考え調べてみた。その結果、黄金比とフィボナッチ数列が関係していることが分かった。そこで実際にひまわりで、フィボナッチと黄金比を検証してみることにした。

結論と感想

 大きなひまわりの花の螺旋(らせん)からはフィボナッチ数列はえられなかったが小さなひまわりの螺旋はほぼフィボナッチ数列であった。開度137.5°を持つ植物はひまわりの花であった。葉序は、個体にかかわらず同じであった。植物はまんべんなく太陽の光を受けられるように規則性があることが分かった。


ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

「もしも-し!」 -糸電話 音の伝わり方の秘密- ...

佳作
岐阜県池田町立八幡小学校
林 誉将さん

水の音って何の音?Part2 水滴が作る泡と音を科学す...

1等賞
島根県出雲市立河南中学校
田原 弘規さん

砂漠にできる波状模様の研究

佳作
千葉県千葉市立新宿中学校
石野 真奈美さん

海のプランクトンの研究-いりこから海へ-

佳作
山口県防府市立華陽中学校 理科部
植田孔明・田中良志郎さん
  • 入賞式の様子
  • 自由研究のヒント
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第57回自然科学観察コンクール作品募集
2016年10月31日応募締切