第58回入賞作品 小学校の部
佳作

物体の落下凹みと月のクレーター

佳作

京都府同志社小学校6年
三宅 萌由
  • 京都府同志社小学校6年
    三宅 萌由
  • 第58回入賞作品
    小学校の部
    佳作

    佳作

〔研究の動機〕

 月の観測をしていて、きれいに見えるお月様の表面は、実はクレーターでボコボコしていることを思い出した。月が誕生した50億年前に、どれくらいの大きさの隕石がぶつかってあのクレーターができたのか、クレーターの大きさはどのくらいになるのか、調べてみたいと思った。そこで、実際に月の地層に似せた層を作って物体を落とし、クレーターを作ってみて、凹みの深さから計算ができないか試してみた。

〔結論と感想〕

 手のひらにのるくらいの小さな物体を落としたときの運動が、月にクレーターを作るほど大きな隕石の運動とつながるのだと思うとわくわくした。疑似地層に落とした物体の凹みは本当に小さなクレーターのようだった。庭の石相当の密度で重さ8,528兆tの隕石が月にぶつかったとすると、なんと直径16.9kmものクレーターができる。衝突するときのスピードや角度がつくとどうなるかなどを今後の課題として引き続き研究していきたい。

ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ
  • 2018年度作品募集中
  • 入賞結果と表彰式の様子
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第58回自然科学観察コンクール作品募集
2018年度(第59回)作品募集中