第51回入賞作品 中学校の部
佳作

ゲンゴロウの成長パート8
~ゲンゴロウと水圧・光~

佳作

山口県周南市立太華中学校2年
浴井 栞
  • 山口県周南市立太華中学校2年
    浴井 栞
  • 第51回入賞作品
    中学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 7年間、ゲンゴロウやクロゲンゴロウなどを観察してきた。去年は、ゲンゴロウはどうやって上下を判断するのか、光について調べた。その結果、下から光をあてると、お腹を上にして泳いだり、下の方へ空気を吸いに行こうとするものがあり、そのため水面での息つぎ回数も通常より少なくなることが分かった。また、ゲンゴロウの種類によっても反応が異なっていた。しかし、ゲンゴロウがしきりに触角でケースの横や底を探る様子や、空気をためた背側が浮き逆さになれない様子を見ていると、光だけで上下を判断しているとは断言できなかった。そこで今年は、光に加えて水圧も上下の判断に影響を与えるか調べることにした。

研究の方法・結果・考察

方法

 予備実験でゲンゴロウの加圧下での様子を種類別に観察した。実験装置に改良を重ね、6作目を本実験で使用した(写真)。800mlウォーターボトルに水深1.5mから100mまで計測可能な時計と、ゲンゴロウがとまる排水口用金あみを設置した。くみおきの水を600mlまで、空気を200ml入れて、種類別にゲンゴロウを入れて、加圧しない場合と加圧した場合のゲンゴロウを観察した。

実験

Ⅰ.電気を消し、ゲンゴロウを入れたボトルにダンボールをかぶせ、ゲンゴロウが金あみにつかまってから90秒間の息つぎ回数と様子をビデオカメラの赤外線による撮影方式を使って観察した。
Ⅱ.ゲンゴロウに、1)上からの光をあてて、2)下からの光をあてて、少しずつ加圧して観察した。

結果・分かったこと・考察

暗闇では加圧しない方が若干水面を認識しやすいようだ
上からの光では、加圧してもおおむね普段と行動が異ならない
下からの光ではどの種類も底を探る行動が多く見られたが、その他の行動や反応は種類によってバラバラだった。特にクロゲンゴロウはあお向けで泳ぐ、宙返りなど混乱が見られ、一方で体の小さいヒメゲンゴロウは浮いたままじっとしていることが多かった。以上から水圧は上下や危機的状況の判断のひとつにはなるが、その大部分は光のさす方向で判断していることが分かった。

ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

水と物質の穴で起きる事

佳作
東京都新宿区立落合第三小学校
川村 英彰さん

風と羽根のコラボレーション2 -回って、回って、回って...

文部科学大臣奨励賞
沖縄県沖縄尚学高等学校附属中学校
塚本 真依さん

「すいふよう」の花の色変わり

佳作
岐阜県各務原市立那加第一小学校
石垣 知香さん

めざせ水切り名人! ~水切りのコツをさぐる~

佳作
宮城県聖ドミニコ学院小学校
 森 晃子さん
  • 2018年度 募集終了
  • 入賞結果と表彰式の様子
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第59回自然科学観察コンクール 募集終了
2018年度(第59回) 募集終了