第61回入賞作品 小学校の部
佳作

キュウリのまきひげのひみつを調べる

佳作

神奈川県川崎市立西生田小学校 4年
芝村 英子
  • 神奈川県川崎市立西生田小学校 4年
    芝村 英子
  • 第61回入賞作品
    小学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 お父さんが庭の畑で毎年キュウリを育てている。一緒にトマトやナスなども育てているが、他の野菜は自分の体で立って実を付けているのに対して、キュウリは柱やネットにまきひげを巻きつけて、上に伸びていくことに気が付いた。キュウリにとって、まきひががどのような役割をしているのかが気になった。

結論と感想

 研究の目的は、キュウリのまきひげがどうしてまっすぐではなく、まいているのか、その理由を実験によって明らかにすることである。2018年の研究では、まきひげとまっすぐなひげが、どれだけの重さを持ち上げられるのか比較する実験をおこなった。その結果、まきひげはその長さと関係なく「力もち」だが、まっすぐなひげは長さと比例して持ち上げる力が弱くなることが分かった。2019年の研究では、まきひげとまっすぐなひげの表面や断面を顕微鏡で観察したが、特に違いはなかったため、まきひげが「力もち」である理由は、まきひげの形にあると考えた。そこで、まきひげと形が似ているバネの特性(引っ張り強さと弾性)2点について、まきひげとまっすぐなひげを比べる実験をおこなった。具体的には、まきひげとまっすぐなひげをバネにした2つのトランポリンを作って、おもりをどれだけ跳ね上げられるのか実験をした。その結果、まっすぐなひげはほぼ伸び縮みしないが、まきひげはよく伸び縮みするのでより高くおもりを跳ね上げられることが分かった。キュウリが重い実をたくさんつけることができるのは、「力もち」でよく伸び縮みするまきひげのおかげである。
 まきひげは引っ張り強さと弾性の両方でまっすぐなひげを上回るという実験結果は予想した通りだったが、引っ張り強さについては、まっすぐなひげでも長さが短ければまきひげとほとんど変わらない点は意外だった。また、実験に使った道具は全て手作りしたが、同じ条件で正確に比較できることを特に大切にしたので、実験道具を作る時にはとても苦労した。

ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

ぎんやんまのやごと、 くろすじぎんやんまのやごの...

2等賞
高知県春野町立東小学校
竹崎 駆動さん

たき火のけむりの不思議 -風上なのにけむりが来るの...

文部科学大臣奨励賞
愛知県刈谷市立小垣江小学校
今泉 拓 他2名さん

クロアゲハの幼虫はどうやって大きくなるのかな?

佳作
茨城県常総市立豊岡小学校
中林 佳夏子さん

「もしも-し!」 -糸電話 音の伝わり方の秘密- ...

佳作
岐阜県池田町立八幡小学校
林 誉将さん
  • 第62回自然科学観察コンクール 自由研究・作品 大募集!
  • 自由研究のヒント
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第61回自然科学観察コンクール 募集中
2021年度(第62回) 募集中