第58回入賞作品 中学校の部
佳作

ショウジョウバエの味覚
〜ショウジョウバエはうま味を感じるのか〜

佳作

茨城県茗溪学園中学校 科学部 生物班3年
安齋 葵・久野 太熙・島谷 翼
  • 茨城県茗溪学園中学校 科学部 生物班3年
    安齋 葵・久野 太熙・島谷 翼
  • 第58回入賞作品
    中学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 ショウジョウバエは、家の中でも見ることのできる身近な昆虫である。そのショウジョウバエの味覚に対する研究では甘味と塩味を感じていること、また、アミノ酸に対する嗜好性があることが明らかになっている。さらに、特にアミノ酸の中でも、コンブに含まれるグルタミン酸に嗜好性があることが示されている。しかし、同じうま味成分でもシイタケやカツオブシのような核酸系の物質への嗜好性はあまり研究されていない。そこでショウジョウバエもヒトと同じように核酸系の物質に嗜好性を示すか興味を持ったため、この研究を始めた。

結論と感想

 ショウジョウバエは5%グルコース、10%グルコース、コンブのだし汁、干しシイタケのだし汁に嗜好性があり、酸、カツオブシのだし汁、0.1%イノシン酸や0.1%グアニル酸を添加したエサには嗜好性がないことが分かった。干しシイタケのだし汁にコンブのだし汁とほぼ同じくらいの強い嗜好性があることが分かったので、ショウジョウバエは核酸系のうま味物質に嗜好性を持つという可能性が示された。しかし、0.1%のグアニル酸に対しては嗜好性が見られなかったので、その原因を明らかにすることが重要である。


ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ
  • 2018年度作品募集中
  • 入賞結果と表彰式の様子
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第58回自然科学観察コンクール作品募集
2018年度(第59回)作品募集中