シゼコンせんぱい 過去受賞者インタビュー さまざまな場所で活躍されているシゼコンのせんぱいたち。過去に自然科学観察コンクールで入賞されたせんぱいたちの「進んだ道」教えていただきました!科学する心を育んだシゼコンせんぱいへのインタビュー!
結城明姫さん
株式会社オリィ研究所
創設者・最高財務責任者
結城明姫さん
Aki Yuki
Aki Yuki

ゆうき・あき

1990年東京都生まれ。高校時代、「流体力学」の研究に取り組み、その研究成果を発表した「高校生科学技術チャンレジ(JSEC2006)」で文部科学大臣賞、YKK特別賞を受賞。大学時代には、ノーベル賞受賞者を招いて行われるAsia Science Campに参加し、銅メダルを獲得した。ロンドン大学留学などを経験し、大学卒業後の2012年 、仲間とともに「オリィ研究所」を創設。分身ロボット「OriHime」の量産化に備え、体制を整えている。

研究発表の場から仲間との出会いや、つながりが生まれた

  • 第38回/1997年(小学校の部)第2部1等 受賞
    第38回/1997年(小学校の部)第2部1等 受賞

    カタツムリの交尾を見つけたことから、卵の数、餌の違いによる成長の様子、心臓の動きなどを観察。46ページにもわたってノートにまとめた。審査員からは「小学1年生の作品とは言えないほど、細かい観察に優れている」と評価された。

  • 研究発表の場から仲間との出会いや、つながりが生まれた

  • シゼコンで得た成功体験

    シゼコンで得た成功体験

    結城さん

    結城さん

    オモチャよりも、身近な不思議に興味のある子どもで゙した。ご飯一合が何粒なのか数えたり、カタツムリの殻の左巻き右巻きの違いを調べたり......。母の助言もあり、調べたことをノートにまとめ、コンテストに出すという初めての挑戦をしたのがシゼコンです。1等賞をいただき、調べることが好きになりました。次のコンテストへのステップアップにもつながりました。

    会社創設メンバーとの出会い

    会社創設メンバーとの出会い

    結城さん

    結城さん

    高校時代には「高校生科学技術チャレンジ」や「国際学生科学・技術フェア」といったコンテストに出場。科学研究に興味を持つ、多くの友人を得ることができました。現在の会社の代表取締役もその一人。彼は遠隔操作で自在に動かせる分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を開発していました。「OriHime」は、病院やリハビリ施設への提供をはじめ、テレワーク、遠隔教育などさまざまな活用法があります。ここにビジネスの広がりを感じ、仲間とともに、「OriHime」を開発・製造する会社を、大学卒業後に起業しました。

    人生の要所で活用していきたい

    人生の要所で活用していきたい

    結城さん

    結城さん

    現在、「OriHime」を世に広めたり、資金調達したりと広報・財務を主に担当しています。「調査し、まとめ、プレゼンする」のは得意分野の一つ。これは、さまざまなコンテストに出て経験を積んできたおかげです。「OriHime」を自分自身の人生にもうまく活用していきたいですね。今後、結婚して出産、子育てとなったときも、「OriHime」を通して会社の様子を見続ける。そんなモデルケースにもなっていきたいと考えています。
馬場友希さん 入江貴博さん 結城明姫さん 高嶋由布子さん

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

伊那小学校の周りで見られる野鳥と 巣箱に入った...

文部科学大臣奨励賞
長野県伊那市立伊那小学校
福澤 和広 他36名さん

なぜ小豆は煮くずれを起こすのか? 表皮に起こる横割れ現...

1等賞
愛知県刈谷市立依佐美中学校
江川 明宏 他4名さん

水質の変化する要因を探る

佳作
茨城県美浦村立美浦中学校
新山 晃裕 他8名さん

土笛の音のひみつをさぐる

佳作
長野県伊那市立伊那東小学校
原 拓哉・南 洸輔さん
  • 2020年度 募集終了
  • 入賞式の様子
  • 自由研究のヒント
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第61回自然科学観察コンクール 募集終了
2020年度(第61回) 募集終了